借金返済完全ガイド

 
TOPページ 過払い金 借金返済の相談場所 借金の取り立てと法律


借金の返済方法
特定調停
任意整理
個人民事再生
自己破産
借金一本化
連帯保証人

 

借金返済の方法

借金をする際の上限金利が、年29.2%です。借金の元本とあわせ、この金利でどの位
まで利息金額がプラスされていくかを考えて、今現在の収入で返済していけるかを考える
事はそれほど難しい事ではないはずです。
その結果、返済していく事が難しいなと判断した場合には、すぐに法的な整理に入る事を
検討します。何故なら、日常生活の中では急な出費などは珍しくありませんし、借金返済
金を他の金融業者などから借りてしまうケースも多いからです。

法的意外の整理について、「連帯保証人」を紹介します。

 

連帯保証人とは

始めは軽い気持ちでお金を借りて、毎月返済をしていると感じてくるのですが、
なかなか元金が減らないわけです。
すると、借金をしている金融会社から「連帯保証人をつけてくれればまたお金を
貸しますよ。」とお誘いがあります。

ここで重要なのが、絶対に連帯保証人だけは付けないようにする!ということ!

例えば法律上、主債務者(あなた)が返済できる場合であっても、金融会社は
いきなり連帯保証人に借金の返済を求めることもできてしまいます。
主債務者の返済が1日でも遅れたときには、主債務者に一切連絡せずにいき
なり連帯保証人に取り立てをすることも、当然できます。
連帯保証人は主債務者と同じ債務を背負っているのとほぼ同じ状態だといえます。

「なぜ金融会社は連帯保証人を付けて欲しいというのか。」という問いの
答えが自ずから出てきます。
理由は主に以下の2つと考えられます。


1.主債務者(あなた)からお金を返してもらおうとは一切考えておらず、お金が
  ある連帯保証人から借金返済をしてもらおうと考えているため。

2.連帯保証人をつけることで、債務整理(特定調停・任意整理・個人民事再生・
  自己破産など)の手続を躊躇させるようにするため。


仮に連帯保証人を付けたところで、借金問題を先延ばしにしているだけで、
根本的な解決になっていないことが多々ありますし、返済するのには変わり
ありません。あなたを信じて連帯保証人になってくれた人に、結果的に迷惑を
掛けることになりかねません。

ですから、連帯保証人をつけることで、変に状況を悪化させてしまう前に、
必ず専門家などに相談しましょう。

 

連帯保証人のメリット

・借借金返済期日を延ばしてくれる。
・追加融資が即座に受けられる。
・場合によっては金利も下げてもらえる。
・ブラックリストにのることはない。
・自分の資力が足りなくても、連帯保証人次第で融資が受けられる。
・物的な担保に比べれば、連帯保証契約自体は容易
  (連帯保証人を見つけるのは難しいとは思いますが。)

 

連帯保証人のデメリット

・もし返済が遅れた場合は、連帯保証人に即座に全額の請求がいく。
・特定調停・任意整理をする場合、通常、連帯保証人がついている
  借入先は申し立てから除外することになる。自己破産・個人民事
  再生の手続きのときに足かせになる。
・最悪の場合、あなたの責任で連帯保証人にまで自己破産を
  してもらうことになる。
・一度連帯保証人になると、全額の返済が終わるまでは、
  まず抜けることが出来ない。


TOPページ過払い金借金返済の相談場所借金の取り立てと法律
特定調停任意整理個人民事再生自己破産借金一本化連帯保証人