借金返済完全ガイド

 
TOPページ 過払い金 借金返済の相談場所 借金の取り立てと法律


借金の返済方法
特定調停
任意整理
個人民事再生
自己破産
借金一本化
連帯保証人

 

借金返済の方法

借金をする際の上限金利が、年29.2%です。借金の元本とあわせ、この金利でどの位
まで利息金額がプラスされていくかを考えて、今現在の収入で返済していけるかを考える
事はそれほど難しい事ではないはずです。
その結果、返済していく事が難しいなと判断した場合には、すぐに法的な整理に入る事を
検討します。何故なら、日常生活の中では急な出費などは珍しくありませんし、借金返済
金を他の金融業者などから借りてしまうケースも多いからです。

それでは法的な整理を紹介していきます。


特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所の調停委員が間に入って、債権者と債務者が話し合いで借金
返済の整理を行っていく方法です。ふつうは、弁護士や司法書士に依頼せず、債務者本人
が自分で手続を進めていくので、他の債務整理方法に比べて比較的安価に手続をとる
ことができます。

特定調停は、裁判のように相手方と争うわけではなく、相手方との話し合いで合意を目指
す方法です。借り入れた金額を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット
などを協議和解して、余裕のある分割返済(通常3年程度での返済。)をしていく法的な
債務整理方法です。なお、その返済をする際の金利は通常0%になります。

特定調停は、自己破産や個人民事再生とは異なり、一部の借金のみを整理すること
ができるので、保証人が付いている債務を除いて手続きをしたい場合などには有効な手段
です。例えば、土地・建物などの不動産や自動車などの財産を所有していて手放したくない
場合にも有効な借金返済方法です。

注意!

消費者金融のように利息が高額なところからの借り入れではない場合は、長い年数
借金を返済をしてきたとしても借金の減額はできませんし、元金を3年程度で返済して
いくことになります。
特定調停は確かに簡易な債務整理手続きで、弁護士や司法書士に依頼することなく
手続きを進めていくことが可能で便利ですが、いきなり簡易裁判所に行って申立てを
するよりは、まずは専門家に相談してみる方が安全だといえます。

 

特定調停のメリット

・利息制限法に基づき、引き直し計算をすることで、金利が高く、かつ返済回数
  (取引年数)が多いほど、大幅な減額が期待できる(借金自体が無くなることも!)
・調停委員(2人)が代理人となって債権者と交渉をしてくれる。
・特定調停の申し立てをすると、債権者は請求、取り立て行為ができなくなる。
・自己破産とは異なり、資産は失わずにすむ。
・債権者全員ではなく、一部の債権者だけを選んで申し立てることができる(裁判所に
  よっては債権者に対して特定調停の手続をとることを強く進めてくるところも。)
・現在の状況として、返済不能状態でなくても申し立てをすることが可能s
  (ただし、将来返済不能になる可能性があることは必要。)
・政府が発行している機関誌である「官報」に載らなくてすむ。

 

特定調停のデメリット

・特定調停の申立てをすると、いブラックリストに掲載される(信用情報機関の「事故情報」
 として、債務完済後5〜7年間登録される。この間は借入やローンができない。)
・特定調停が絶対に成立するという保証はない(あくまでも話し合いによる合意を目指す
  手続きのため。)
・調停委員を納得させられないと上手く話し合いが進まない。
・調停委員の善し悪しで、結果にブレが生じることがある。

 

 

 

Last update:2017/4/3


TOPページ過払い金借金返済の相談場所借金の取り立てと法律
特定調停任意整理個人民事再生自己破産借金一本化連帯保証人