借金返済完全ガイド

 
TOPページ 過払い金 借金返済の相談場所 借金の取り立てと法律


借金の返済方法
特定調停
任意整理
個人民事再生
自己破産
借金一本化
連帯保証人

 

借金返済の方法

借金をする際の上限金利が、年29.2%です。借金の元本とあわせ、この金利でどの位
まで利息金額がプラスされていくかを考えて、今現在の収入で返済していけるかを考える
事はそれほど難しい事ではないはずです。
その結果、返済していく事が難しいなと判断した場合には、すぐに法的な整理に入る事を
検討します。何故なら、日常生活の中では急な出費などは珍しくありませんし、借金返済
金を他の金融業者などから借りてしまうケースも多いからです。

それでは法的な整理を紹介していきます。

 

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士を代理人として各債権者と交渉を行い、3〜5年間で
の分割返済にしてもらう方法です。この借金返済額は、利息制限法に基づいて利息を
計算し直し、さらに将来の利息をカットした金額となることがほとんどです。

任意整理は、自己破産や個人民事再生とは異なり、一部の債権者のみを対象に整理
することが可能ですので、連帯保証人が付いているものや、車のローンなどを除外して
手続を進めていくことも可能です。

特定調停と結果が似ていますが、いくつか異なる点があります。
まず、任意整理を弁護士や司法書士に依頼してしまえば、依頼者は特に何もする
必要がありません。
また、任意整理の場合、特定調停に比べて長期の借金返済が可能になるため、
毎月の借金返済額の負担も少なくなります。
特定調停ですと借金をゼロにするところまでで終了しますが、任意整理であればその
交渉の中で過払い金の返還を求めていくことが可能になっています。

任意整理は、法的な整理の中でも自己破産と同じくらいよく利用されています。
任意整理の手続は弁護士や司法書士に依頼しなければならないので費用もかかりま
すが、それを上回る効果を上げられるケースは多いです。

 

任意整理のメリット

・借金の金額が減る。(私的な債務整理方法なので、利息制限法による引き直し計算
  で元本減額以上の減額も場合によっては可能。)
・任意整理を弁護士や司法書士に依頼した時点で債権者からの督促が止まり、
  返済案がまとまるまで返済をストップすることができる。
・弁護士や司法書士が代理人となるので、面倒な手続きが不要。
・弁護士や司法書士の腕によるが、特定調停よりも任意整理の方が、債務が圧縮
  される可能性高い。
・利息制限法による引き直し計算の結果、返済し過ぎていることが分かった場合、
  任意整理の手続の中で超過分を取り戻すことができる。
・裁判所を通さない手続きなので、政府が発行している機関誌である「官報」に
  掲載されることがない。

 

任意整理のデメリット

・不利益な和解成立の可能性がある(任意整理は私的な債務整理方法なので、同じ債
  務条件でも、依頼する弁護士や司法書士によって同じ結果にはならないことがある。)
・信用情報機関などに、ブラックリストとして登録され、以後5〜7年くらいは借入や
  ローン、カードの発行を受けられなくなる。
・任意整理の手続は、基本「人任せ」なので、反省の念が生じづらく再び多重債務者
  になるケースも少なくない。



 

おすすめWEBサイト 5選

遺品整理 東京
http://daishin-ipi.com/

2015/2/5 更新


TOPページ過払い金借金返済の相談場所借金の取り立てと法律
特定調停任意整理個人民事再生自己破産借金一本化連帯保証人